FAMICOMBOXとは 出会い 解体新書
FB写真館 管理人 LINKS

電源ON>FAMICOMBOXとは1


ファミコンボックスとは??今その全貌が明らかに・・・なったらいいな。

このサイトの趣旨は「ファミコンボックス」の情報収集と集まった情報の公開、交換です。このページでは、その名前を聞いただけではピンと来ない方に、ファミコンボックスがどんな機械だったかをご紹介します。

ファミコンボックス
FAMICOMBOX

MODEL NO. SSS-CDS
本体右横のコインボックスに100円を入れると10/15分間、内蔵された最高15種類のゲームを選んで遊ぶことが出来ます。光線銃も付いていて、対応の各ソフトで遊ぶことも可能です。


使用電源:AC100V±10% 50/60Hz(付属ACアダプター使用)
消費電力:15W
外形寸法:幅577×奥行497×高さ189(コインボックス付、スイッチ部分含む)
重量:16kg(ゲームカセット10本、コインボックス付き)
外装材料:SECC(ボンテ鋼板、レザートーン塗装)
コインボックス容量:100円硬貨約180枚(18,000円)


■ファミコンボックスとは?
任天堂が業務用として開発した商品で、本体右横に付いたコインボックスに100円を入れると一定の時間内(10分か15分)で内蔵された最高15種類のゲームを選択してプレイすることが出来きます。当時、主にファッションホテル(ラブホ)や旅館に設置され、もちろんまだ現役で活躍する本体もありますが、その数はかなり少なくなってきていると思われます。参考までに、本体は一般には売り出されませんでした。(当たりまえ)
また、この他にもシャープが製造した「ファミコンステーション」という兄弟マシン、任天堂が後期になって製造した「スーパーファミコンボックス」、海外の小売店店頭で活躍していた「M82」も存在しますが、どれも海外のマニアサイトでも特集をするページを見かけたりと、今やワールドワイドな存在になった任天堂の人気の高さを知ることが出来ます。

ファミコンステーション スーパーファミコンボックス

M82

[1]販売の目的

ファミコンボックスは、任天堂が開発し、JTBトラベランド交通社が日本全国のホテルや旅館に販売し、交通公社トラベルランド社がそのメンテナンスを担当した、業務用のゲーム筐体です。当時の販売営業チラシを見ると、客室に設置をして、その収益を期待するホテルオーナー向けの商品だったことが伺えます。恐らく、宿泊施設への各種商品を卸していたJTBトラベル交通社から任天堂へと開発の話がいったのではないかと推測されます。

[2]販売価格

当時の販売促進リーフレットによると、ファミコンボックスは月々2,350円の5年リース契約で全国の宿泊施設へと貸し出されていたようです。恐らく、今も各地に残る現役の本体は、リース終了後に借主へと買い取られて、買い取った方々が自主管理を続けてきた本体と思われます。ちなみに管理人は2002年頃、JTBトラベランド交通社に手紙を書いて、まだメンテナンスをしているかを個人として尋ねましたが、返答はありませんでした。

※当時の販売背景や、設置現場での運用方法などについては随時記事をまとめていきます。ひとまず以降は、本体に関してのご紹介です。









スーパーマリオコレクション スペシャルパック

新品価格
¥2,358から
(2010/11/21 11:18時点)



Wii本体(スーパーマリオ25周年仕様)(「Wiiリモコンプラス」同梱)(RVL-S-RAAV)

新品価格
¥19,818から
(2010/11/21 11:42時点)



famicomboxをフォローしましょう