FAMICOMBOXとは 出会い 解体新書
FB写真館 管理人 LINKS


ファミコンボックスと私との運命的?な出会い。当時の記憶のヒモをとく。

※こちらのお話は、2005年当時に管理人が旧サイトにて連載していた体験談です。もう5年も前のお話なんですね。。。

出会い1 出会い2 出会い3 出会い4 出会い6 出会い7 出会い8

[13]ファミコンボックスの魅力
ご存知のとおり、インターネットの世界には様々な情報があって、当時も「ファミコンボックス」というキーワードにてよく検索エンジンから情報を探していたのだが、もちろんファミコンボックスを専門に扱ったサイトは無く、ごく簡単な情報ですら見つけるのは不可能だった。また、オークションを通してのソフト収集にも限界が見えてきて、私の頭の中にあった「だったら自分でサイトを作って全国から情報を集めよう。」というアイデアをいよいよ実行することになったのだった。当時もそうだが、ネットを通して全国にどれだけのファミコンボックスが存在するのか、ソフトは何タイトルあるのか等の情報交換を目的に、私はレンタルサーバーと独自ドメインを取得することになったのだった。

【画像】当時の「出会い」画面

今も当時も、基本はシンプルで分かりやすいページを目指しています。当時に比べると簡単に色々なアイデアを実現できるようになりました。

ページTOP

[14]苦節と充実の1年目
仕事柄、簡単なHTMLの知識はあったので、思った以上に早くこのサイトの原型が出来上がったのは作成着手から約1ヵ月後。ただし、写真撮影とその整理は結構面倒な作業で、さらに自分の中のこだわりであった「動画コンテンツの充実」を実現させる為に、サイト公開後もさらに多くの時間を費やすことになる。

さて、最初は勢いでサイト公開までたどり着いたのだが、仕事の合間に作業するのでその後は結構ほったらかしにすることが多くなってしまった更新作業なのだが、そんな中でも「ファミコン20周年モデルGBASP」の記事が多くのブログにリンクされたりして、その記事目当てに結構多くの方が訪れてくれて、それなりに充実感を得たサイト公開1年目になったのだった。

【画像】ファミコン20周年モデルGBASP

サイトが復活した2010年はスーパーマリオ生誕25周年で限定モデルのWiiやDSiが発売されたりしました。でも、このファミコン生誕20周年当時は、スーパーマリオ25周年記念よりも当選が難しい賞品が多数ありました。

[15]ファミコンステーションとの出会い
ヤフオクをチェックしていると、ファミコンボックスには兄弟マシンのような感じで「ファミコンステーション」という筐体が存在するらしいことが分かったのだが、パソコンの画面からはどうもその違いがあまり分からず、10台目近くの購入になっていたファミコンボックス購入の合間に初めてシャープ版の本体を購入することになった。(この頃は本体の大きさなんて全く眼中に入っていません・・・(笑))
本体が届き、内蔵されていたカセットの色を見てビックリ。このサイト公開時に「WANTED!」として情報募集をしていたソフトの色違いの謎が解決されたのだ。結論的にはファミコンステーションには灰色バージョンのソフトが入っていて、以前にソフト単体で手に入れた色違いのソフトは、兄弟機であるファミコンステーション版のものだったのだ。意外なところで謎が解決し、その他、起動時の画面に「FAMICOM STATION」と表示されたり、コントローラーに「SHARP」の文字があったりと、細かい部分での違いも確認できて、痒かった背中に手が届いたような一日であった。

【画像】ファミコンステーション

ファミコンステーションの特集ページでもご紹介していますが、まさに兄弟機といった感じのシャープ製本体。サポートもシャープが行っていて、コレクション開始当時はサポートセンターにて新品のコントローラーや前面パネルの鍵を着払いにて購入したり出来ました。
ファミコンステーション本体

出会い1 出会い2 出会い3 出会い4 出会い6 出会い7 出会い8













famicomboxをフォローしましょう